老後でも愛し合えるのはバイアグラのおかげ|夫婦で大事にするED薬

ED治療薬の比較

ED治療薬とは、ED(勃起機能の低下)をサポートする飲み薬です。その有効性は、80%以上と非常に高く、多くの男性からの期待に応えています。
このED治療薬は、手軽に専門の医療機関で処方が受けられ、現在、日本で認可を受けたED治療薬は、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つが認知度が高い医薬品と言われています。

バイアグラは、一番最初に世界で認可されたED治療薬であり、1998年アメリカのファイザー社から販売され、1999年に日本でも認可されたED治療薬です。
レビトラは、2003年にドイツのバイエル社から販売され、2004年に日本で認可を受けたED治療薬です。
シアリスは、2003年にアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーから販売され、2007年に日本で認可を受けたED治療薬です。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つの効果
勃起機能の低下を改善する医薬品でありますが、勃起には、陰茎に刺激を受けることで一酸化窒素が分泌され、環状グアノシンーリン酸が形成され、陰茎海綿体の筋肉が緩みを血液が流れ込むことで硬くなるます。この作用に大きく関係しているのが、環状グアノシンーリン酸ですが、体内には、5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素が、この環状グアノシンーリン酸を分解してしまいます。バイアグラとレビトラ・シアリスは、その分解する働きを抑えることで、勃起機能を正常にするために、バイアグラ・レビトラ・シアリスが効果を発揮します。
バイアグラは、クエン酸シルデナフィル、レビトラは、塩酸バルデナフィル水和物、シアリスは、タダラフィルという主な主成分が、5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素の分解に働きかけます。


バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つの比較
服用から効き始めるまでの時間は、バイアグラ・レビトラ30分~1時間ほど、シアリスは、約2時間ほど

バイアグラ・レビトラを空腹時に服用した際の効果の持続時間
バイアグラ・レビトラ5~10時間、シアリスは、約24~36時間

クリニックでの処方1錠あたりの価格
バイアグラ 25mg:1300円 50mg:1500円
レビトラ  10mg:1500円 20mg:2000円
シアリス  10mg:1700円 20mg:2000円
副作用
3つのED治療薬は共通して、ほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまり、消化不良等々の症状か現れるが、一時的なものであります。レビトラの場合は、血中濃度があがるため、グレープフルーツを食することはよくないとされています。シアリスの場合、持続時間が長いため、副作用と実感する服用者が比較的に少ないため、副菜用は低いとされています。ただし、症状が治まらない際は、医師または専門の医療機関へご相談ください。
注意事項として、アルコールの摂取時には、控えるよう勧められています。